遠近両用コンタクトレンズ 通販の口コミは?価格は?

40歳を過ぎたころから目の衰えを実感する人が増えてくると言われています。

そう、老眼を意識しだすのがこのころです。

今まで簡単に読めていた小文字がぼやけてきたり、かすんだりと文字を読むことが面倒になってきます。

はっきりと見えないことは日々の生活に支障をきたします。

そこでメガネやコンタクトレンズで視力の矯正をおこなわなくてはなりません。

ネガネは今までの印象を変えてしまいますが、

コンタクトレンズは今までの印象を変えることなくハッキリ見える視力を手に入れることができます。

中でも気になるのが遠近両用コンタクトレンズ。

1枚のコンタクトレンズで近くも遠くも見ることができます。

その遠近両用コンタクトレンズの仕組みや見え方、口コミなど探っていきたいと思います。

・遠近両用コンタクトの口コミ、評判は?

口コミ1.

眼科の先生からは「遠近両用コンタクトは使用方法にクセがあるからあまりおすすめはしません」
と言われていましたが、今回思い切って挑戦してみました。
使ってみて普通に見えますが、こんなもんだろうなと言う感じです。
ただし、使っていて違和感を感じることはないです。
1日着けていても目の乾燥を感じることはありませんでした。

口コミ2.

老眼鏡の使用がうっとうしかったので遠近両用コンタクトを使ってみました。
遠くも近くも裸眼で見ているように快適にハッキリと見ることができます。
これで老眼鏡にお世話になることもしばらくはないと思います。

口コミ3.

遠近を兼ね備えた遠近両用コンタクトは良い感じだと思います。
ただし、裸眼のようにストレスなくすべての景色が見えるというわけではないですが
まあこんなもんだと思います。不便を感じることはありません。

と口コミ評価は良い評価が多いと思います。

遠近両用コンタクトレンズの普及は数年前から始まりましたが、
最近では使い捨てタイプやソフトタイプなどが開発されたこともあり
遠近両用コンタクトレンズの愛用者が増えてきています。

・遠近両用コンタクトの価格は?

遠近両用コンタクトには、何度も書いていますが

ソフトタイプとハードタイプ、それに使い捨てタイプとあります。

目的に合わせてそれぞれのレンズを使い分けるのが最もベターな使用方法だと思います。

各タイプの遠近両用コンタクトレンズを楽天で調べてみました。

まず、ハードタイプの人気商品の価格はこんな感じです。

¥28080
¥10900
¥22813

ソフトタイプの人気商品の価格はこんな感じ。

¥3030
¥8661

使い捨て遠近両用コンタクトレンズの人気商品と価格はこんな感じです。

¥6340
¥7020
¥4398

遠近両用コンタクトレンズの使用を考えているなら参考にしてください。

なお、アマゾンでも遠近両用コンタクトレンズは取り扱っていましたので
アマゾンも調べたい方は下記から調べて下さい。

アマゾンの遠近両用コンタクトレンズ商品一覧

・遠近両用コンタクトレンズの仕組みは?

遠近両用コンタクトレンズは基本的に老眼が始まった方のコンタクトレンズです。

遠くも近くも見えやすくなるコンタクトレンズが遠近両用コンタクトレンズなのです。

一般的なコンタクトレンズとは違い、1枚のレンズに遠近の複数の度数が入っているので、

遠くも近くも両方を見ることが可能になっています。

遠近両用コンタクトレンズには、ハードタイプとソフトタイプがあります。

ハードタイプは、設計上レンズの中心部とその周辺部で度数が違っています。

ですから視点を変えることにより遠近両方を見ることができます。

ソフトタイプは、ちょっと複雑になります。

遠近の違う度数が同じ場所に重なり合うような設計になっています。

遠近の度数の中から見えやすい度数を無意識に選んで見ることになります。

一般に、ハードコンタクトレンズは、

1.ある程度以上に乱視が強い方
2.細かい文字までハッキリと見たい方
3.老眼が進行している方にお勧めです。

ソフトコンタクトレンズは、

1.ハードコンタクトを使用することが困難な方
2.老眼の初期の方
3.スポーツなど激しい運動をするかたなどにお勧めです。

ハード、ソフトの選択は個人差もありますから、

眼科に相談されてから選択することをお勧めいたします。

・使い始めてから慣れるまでどれ位の期間が必要か?

個人差もあると思いますが、一般的に遠近両用メガネより
遠近両用コンタクトレンズの方が早く慣れることができる
と言われています。

遠近両用コンタクトレンズには、ハードタイプとソフトタイプがありうますが、
ソフトタイプよりハードタイプの方が慣れるまで時間が掛かります。

ソフトタイプで約1週間程度、ハードタイプでも2週間もあれば慣れることができます。

特にコンタクトレンズの経験者であればわずかな日数で慣れてしまったという方もいらっしゃるようです。

・遠視と老眼はどう違うのか?

遠視と老眼は全く違うものです。

一般的に加齢からくるもので、40歳を過ぎたころから顕著になってきます。

なんとなく見ずらいなと感じたら老眼かどうかを疑ったほうが良いです。

他方、遠視は、メガネやコンタクトレンズを着けない

裸眼で遠くを見たとき目の調節が上手くできずにぼやけてしまう状態です。

遠視は、年齢にに関係なく若くても起こりうる症状です。

大雑把に言うと老眼は加齢からくる目の衰えで、遠視は目の誤作動ということになるでしょうか?

・乱視でも遠近両用コンタクトレンズは使えるか?

乱視の方は遠近両用コンタクトレンズが使えるのか気になるところだと思います。

強い乱視がある場合は視力が上がりずらい場合もあるようですが

軽い乱視ならば問題なく使用している方も大勢います。

乱視が強い場合は一般的にハードタイプがお勧めです。

遠近両用コンタクトレンズのハードタイプなら強い乱視があっても問題なく使っている方も多いようです。

乱視の方はハードタイプかソフトタイプかを選択する場合は、眼科などで相談されてから決められた方が良いと思います。

・遠近両用コンタクトレンズで注意すべき点は?

多くの遠近両用コンタクトレンズは中心部に遠くを見るための度数が置かれていて

その周辺部に近くを見るための度数が配置されています。

暗い所や暗くなると瞳孔が開いてしまうので中心部で遠くを見ると周辺部の近くを見るための度数も

一緒に見えてしまい遠くが見づらくなることがあります。

暗くなってからの外出や自転車、バイク、車の運転などは特に注意が必要になる場合があります。

・遠近両用コンタクトレンズとメガネを併用できるのか?

遠近両用コンタクトレンを付けていれば基本的にメガネを併用する必要はありません。

ただし、個人差はありますが細かいものや小さなものをストレスなく

見たい時は、度数の弱い近視用のメガネを併用した方がよりはっきりと見ることができます。

また、遠くを見たときに見づらいと思った時などは遠近両用コンタクトレンの上に

度数の弱い遠視用のメガネをかけて見たほうが良く見える場合もあります。

特に、暗くなると目の瞳孔が開いてしまいますので遠くが見づらくなってしまいます。」

そのような時も遠視用のメガネをかけたほうが良く見える場合があります。



コメントの入力は終了しました。